ウイルス対策
こんな症状はありませんか?
  1. インターネットを使っていないのにモデムやハブなどのアクセスランプが異様に点滅する。
  2. パソコンが立ち上がらない。
  3. パソコンが立ち上がるまで時間がかかる。
  4. パソコンが突然終了したり再起動したりする。
  5. マウスやキーボードが利かない。
  6. パソコンの動きが鈍くなった。
  7. エラーが頻繁にでる。
  8. アプリケーションソフトが起動しなくなった。
  9. ファイルがなくなったり、開けない。
  10. パソコンの設定が突然変わった。
  11. 画面に変な表示が出たり、崩れたりする。
  12. ファイルやアイコンが突然増えた。
注意するメール
  1. 添付ファイルつきのメール
  2. 外国語のメール
  3. 送信者・件名などが空白や変な文字が入っているメール
  4. HTMLで来るメール
  5. マイクロソフトを装ったメール
  6. ウイルス感染警告メール(デマのメール)
  7. チェーンメール(デマのメール)
  8. 迷惑広告
 
 最近、流行のウイルス トレンドマイクロ最新ウィルス情報
 
Windowsのセキュリティバッチサービス マイクロソフトは「Windows Update(ウィンドウズ アップデート)」という仕組みを作り、Windows OSに組み込んでいます。

Windows Updateを実行するには
[スタート]メニューから[Windows Update]を選択してください。

(WindowsXPの場合には、[すべてのプログラム]→[Windows Update])
Internet Explorer 5ないし6を使用している場合は、メニューの[ツール(T)]→[Windows Update(U)]を選択してWindows Updateにアクセスできます。


Office Updateを実行するには
「Windows Update」の画面の上のメニューから「Officeのアップデート」を選択してください。
左上の「ダウンロード」を選択し、「アップデートの確認」を選択してください。


Windows用のアップデートファイルが公開されるので、1か月に1度程度はWindows Updateにアクセスするように心がけてください。

  マイクロソフトのセキュリティホーム

  Windows Update
  Office Update

Microsoft
パソコンを守るための 3つの手順
  パソコンを守るための 3つの手順
ウイルスソフト トレンドマイクロ ウイルスバスター (当スクール使用)
シマンテック   Norton Internet Security
ESET Smart Security
Kaspersky Labs
マカフィー

ソースネクスト ウイルス セキュリティ ZERO